婚活パーティーで出会えた相手と交際まで発展しない……その理由とは

婚活パーティーでカップル成立になったり連絡先を交換したりした相手と、交際まで発展しないというお悩みを抱えてはいませんか?婚活をしていると、相手から連絡が途絶えてしまったり、次のデートを断られてしまったりすることもあるでしょう。

お互いに興味や魅力を少なからず感じていたはずなのに、なぜ交際に発展しないのでしょうか。考えられる原因をいくつかご紹介していくので、婚活中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

素敵な結婚生活を目指して!24歳が婚活パーティーに参加して結婚するためには

【原因1】第一印象と違うと思われたから

婚活パーティーでは、何人もの同性のライバルたちがいるため、自分をよりよく見せようとがんばってしまうものです。お化粧や服装など見た目に力を入れたり、趣味や性格などでも異性からの「受け」の良さを意識してしまったりすることもあるでしょう。

そのため、パーティーで相手に良いイメージを抱いても、その後メッセージのやり取りやデートを重ねていくうちに、「最初の印象と違う」と感じてしまうことがあるのです。このような第一印象とのギャップを防ぐためには、婚活パーティーで自分をよく見せすぎないことが大切です。

常識的な身だしなみやマナーをふまえたうえで、普段の自分の魅力を伝えるよう戦略を変更してみてはいかがでしょうか?また、パーティーで出会う異性を見るときも、自分をよく見せようと無理しているところがないかチェックしてみるのもよいでしょう。

【原因2】会話や性格が合わないと思われたから

婚活パーティーは参加者が多い場合、異性1人ごとのトークタイムがほんの数分で終わってしまうことがありあす。そのため、第一印象やプロフィールカードの内容で、カップリングや連絡先交換の相手を選んでしまうこともあるでしょう。

そんなケースではお互いのことをほとんど知らない状態なので、パーティー後にメッセージのやり取りやデートをスタートさせても「会話が続かない」「性格が合わない」ということが起こりやすいのです。逆に、ほとんどお互いのことを知らなくても、会話や性格がぴったり合うようなこともあります。

婚活パーティーに限らず、会話や性格が合わない相手というものは存在します。婚活パーティーで出会った異性がそんな相手だったときは、「せっかく出会えたのだから、交際まで発展させたい」と無理にメッセージのやり取りやデートを続ける必要はありません。

あなたに合う、ほかの異性をまた探せばよいのです。次は、「登山が好きな男女」「旅行が好きな男女」というように、共通の趣味や性格を持った異性と出会える確立が高いパーティーに参加してみるのもよいかもしれません。

【原因3】ほかに良い相手が見つかったから

婚活をしている方のなかには、「何歳までに結婚したい」という目標を持っている方もいらっしゃるでしょう。そのように、婚活で時間を強く意識している方は、複数の相手と同時期にデートをしているということはよくあるようです。

そもそも婚活パーティーがいちどに複数人の異性と出会う場所であるため、出会った複数の相手と同時進行で関係を深めながら、自分にあった相手を選ぶのは自然とも言えます。そのため、婚活パーティーで出会った相手とメッセージのやり取りやデートを重ねて手ごたえを感じていても、相手があなたより理想的な異性を見つけてしまえば、あなたとの関係が終わってしまうことになるのです。

悲しいことではありますが、これは婚活ではよくあることと割り切って、次の出会いに進むことをおすすめします。逆に言えば、短期間で複数の異性を選り好みできるという婚活のメリットとも言えるでしょう。あなたもこのメリットを最大限利用し、たくさんの異性と出会って最良のパートナーを探せばよいのです。

【原因4】良い人だけど恋人とは違うと思ったから

婚活パーティーに限らず、普段の生活のなかで異性との出会いは少なからずあるものです。職場の同僚、学生時代の友人、趣味の仲間など、異性との交流を持っている方は多いでしょう。しかし、そのような場所で出会った異性に恋心を抱かなかったのは、「良い人だけど、恋人としては何か違う」と感じているからではないでしょうか。

このように、いくら相手の性格や見た目が良くても、恋愛に発展するとは限らないのです。それは婚活についても言えることで、パーティーでスペックが高い、性格が良い、趣味が合う、という理由で魅力を感じても、実際にデートしてみると「素敵な相手だけど、友達と一緒にいるみたいに感じる」「いまいちドキドキしない」ということもあるのです。

このような理由で関係が発展しない場合、あなたに魅力がなかったり悪いところがあったりするわけではないので、落ち込む必要はありません。ありのままのあなたを好きになってくれる相手と出会えると信じて、次の出会いを探しましょう。

【原因5】結婚までのビジョンが合わなかったから

婚活パーティーに参加している方々のほとんどは、「結婚相手を探す」という目的を持っているでしょう。しかし、「交際をスタートしてから何か月・何年で結婚したい」という細かいビジョンは、参加者によって違います。

早い人では「3か月で婚約したい」と考えているかもしれませんし、じっくり結婚相手を選びたい人では「2~3年付き合って、相手をよく知ってから結婚したい」と考えているかもしれません。そのため、パーティー後のメッセージのやり取りやデートで「いつまでに結婚したい」というような話題になったときは、その後交際に発展するかの分かれ道とも考えられます。

例えばあたなが交際から短期間で結婚にもっていきたいと考えていて、相手がそうでなかった場合、相手は「もっとじっくり相手を知りたい」「もし結婚に至らなかったら、相手の時間を無駄にしてしまうのでは」と考えて、交際をするのが難しく感じてしまうでしょう。

このように、婚活を出会いとする交際は、お互いのビジョンが合うかどうかも重要なポイントとなるのです。

関係が発展しなかった理由を実際に聞いてみては?

ここまでで、婚活パーティーで出会った相手と交際まで発展しない場合に、考えられる原因をいくつかご紹介してきました。しかし、実際の原因は相手に聞いてみないことには分からないでしょう。婚活パーティーで知り合った相手とは、基本的には今後会うことはないでしょうから、思いきってメッセージなどで原因を聞いてみてはいかがでしょうか。

原因を知ることで今後の婚活に活かすことができたり、あなたが落ち度を感じることがないと分かったりすることもあるかもしれません。

婚活パーティーでの出会い=交際ではない!

婚活パーティーは、あくまで出会いのきっかけです。その場で魅力的に感じたり興味を持ったりした相手がいても、その相手と性格や価値観が合わなければ、交際そして結婚まで発展しないでしょう。しかし、うまくいかないことがあっても、新たな出会いをあきらめないでください。

婚活パーティーの数だけ、出会いはあります。あなたにあった素敵な相手がきっと見つかります。