婚活パーティーの中間印象とは?参加者に良いイメージを持ってもらうためのポイント

婚活パーティーを実りある時間にするためには、意識すべきこともあります。その1つが中間印象についてです。この中間印象をしっかり活用できるかどうかによって、婚活パーティーでの収穫が変わります。今回は、中間印象とは何かという基本的な部分から、中間印象で良いリアクションをもらうためのポイントなどを解説します。

婚活パーティー後の2回目のデートを成功させるポイント

婚活パーティーの「中間印象」って何?

中間印象とは、婚活パーティーなどでよく使われる言葉です。婚活パーティーの途中で、誰に良い印象を持っているか参加者の印象を確認するタイミングがあります。このように、婚活イベントの中間で、参加者が抱いている印象のことを中間印象と言います。

参加者の中間印象を確認する方法として主に使われるのはカードです。自分が印象が良いと思う参加者を選び、提出するだけ。非常に簡単なものです。そして、中間印象の結果はそれぞれの参加者に伝えられます。誰に良い印象をもってもらえているのかもわかります。

この結果を活かしながら、婚活パーティーの後半でどのように行動するかが大切です。

中間印象で良いリアクションをもらえない場合の理由

なぜか中間印象で良いリアクションがもらえないと悩む人もいるかもしれません。良いリアクションをもらえないことには必ず理由があるはずです。ここでは、良い印象をもってもらいにくい場合に考えられる理由を見ていきましょう。

まず1つは身だしなみです。男女問わず清潔感がある人のイメージが良いことは言うまでもありません。つまり、清潔感があまり感じられない状態だと好印象に繋げるのは難しいということです。例えば髪型が無造作過ぎたり、服にシワやほつれ、汚れなどがあったり、身だしなみが整えられていない状態はイメージダウンの大きな要因になり得ます。

また、ファッションに関して言えば、婚活パーティーの雰囲気にマッチしていない服装も良い印象はもたれにくいでしょう。振る舞いや態度によって印象を下げている場合もあります。例えば、参加者と積極的な交流ができていない人は婚活する気がない人とみなされる可能性があります。

なお、積極的に交流していても、相手の話を聞かず自分のことばかりを離したり、なれなれしい態度をとったり、ほかの人が嫌がるような振る舞いを行う人もイメージは良くありません。

中間印象で良い反応をもらうためのポイント

中間印象で良い反応をもらうためには「自分だったらどのような人に良い印象を持つか」ということを考える必要があります。その上で、イメージダウンにつながるような行動・態度を避け、できる限り相手の気持ちになって接することが大切です。

例えば身だしなみはしっかり整えること。髪型や服装は清潔感を意識し、だらしない部分がないようにしましょう。高級ブランドのファッションで身を固めなくとも、シワや汚れのない、自分に似合った服を着れば良いのです。

また、婚活パーティーや会場の雰囲気を理解し、TPOにあった服装をすることも大切です。参加者とは積極的に交流しましょう。ただし、自分のことばかり話すのではなく、相手の話にしっかり耳を傾けることを忘れてはいけません。

できる限り相手に自分のことを知ってもらいたいという気持ちは大切ですが、そう思っているのは相手も同じこと。会話を深めるには言葉のキャッチボールをしなければならないのです。なお、相手が話したくなさそうな部分は無理に詮索しないこと。

焦らず会話を楽しみながら徐々に距離を縮めましょう。パーティーの主旨を理解した上で、周りの人のことを考えながら行動していれば、そんなあなたに好印象を持ってくれる人が現れるでしょう。

中間印象でのリアクションが良い場合も油断は禁物

中間印象で良いリアクションをもらえたら嬉しいでしょう。しかし、だからといって油断は禁物です。中間印象はあくまで中間印象。まだ婚活パーティーは途中なので、最後のカップリング希望までに相手からの印象が変わってしまう可能性もあります。

良い印象をもらえたからと、調子にのった振る舞いをしていると幻滅されてしまう場合も。中間印象からカップリング成立に繋げるには、中間印象の結果を受けてパーティー前半の自分の行動を振り返ることが大切です。また、自分に良い印象を持ってくれた参加者とは積極的に交流し、さらにイメージアップを狙いましょう。

なお、中間印象で良いリアクションをもらえなかった場合も、そこで諦めるのではなく、前半の反省点を見つけて後半は行動を変えるなど、中間印象を活かせば挽回も不可能ではありません。中間印象は婚活パーティーの作戦タイムだと考え、ぜひ後半戦に活かしてください。

中間印象は必ず記入することが重要

中間印象は参加者からの自分の印象を確かめるためだけのものではありません。自分に配られた中間印象は記入しないまま提出する人もいます。しかしそれは婚活パーティーで収穫を得たいなら良い行動とは言えません。なぜなら、中間印象は婚活パーティーで最終的に誰かとカップリングするために重要なものだからです。

中間印象の結果によって、各参加者には自分が誰に良い印象をもってもらえているのかわかります。誰かとカップルになりたいと考える人は、自分に良い印象を持ってくれている人に興味を持ち始める可能性が高いでしょう。

自分に対し、良いリアクションをしてくれていない人にアプローチするより、自分に好印象を抱いてくれている人にアプローチした方が、成功する可能性が高いからです。また、人は自分に好意を持ってくれている相手は気になってくるもの。

好意を示すことにより、距離が縮まる場合もあります。しかし、中間印象カードを未記入で提出してしまうと、アプローチのチャンスであるにも関わらず、誰の印象に残ることもできません。好印象を示されたことで始まる出会いもあるでしょう。

中間印象で自分の考えを示さないのは、せっかくのきっかけをみすみす逃してしまう勿体ない行動です。婚活パーティーを有意義なものにするには、自分への印象だけでなく、自分から誰かに好意を示すことも重要なのです。

中間印象を活用し婚活パーティーで良い出会いを見つけよう

中間印象は婚活パーティーにおいて、最後のカップリング成立に繋げるための大切なポイントです。この中間印象をどのように活かすかによって、婚活パーティーの成果は大きく変わる可能性があります。中間印象で気になる人に良い印象をもってもらえるように、そしてそこから素敵な出会いに繋がるように、ぜひ今回の記事を参考にしながら婚活パーティーに向けた対策を練ってみてください。